• ホーム
  • 水虫治療をしても再発するしつこい水虫

水虫治療をしても再発するしつこい水虫

2019年10月24日

気温が高くなるにつれて、水虫に悩んでる方も非常に増えているようです。
水虫は男性が感染することが多いですが、女性や子供なども、感染する場合があるので、普段から意識的に水虫に対して予防することが大切です。
実際に水虫に感染した場合は、強烈な痒みなどで気づく場合が多いようですが、それは水虫の初期症状なので、しっかりと水虫治療を行うことが大切です。
初期の段階ほど、白癬菌の数も少ないので、比較的楽に治療する事が可能になります。
しかし水虫を完治したと思った場合でも、また次の年に、水虫が再発してしまう事も非常に多く、非常にしつこいのが水虫の特徴になっています。
このしつこい水虫を、水虫治療をして行く場合に大切なことは、完治を自分で判断しないで、皮膚科などの専門医にもらうことが大切といえるでしょう。
また水虫治療を行う場合も、市販薬などを使用せずに、しっかりと皮膚科へ通うことが大切です。
再発する理由としては、自分で水虫の完治を判断してしまい、まだ白癬菌が残っている状態で、水虫治療を止めてしまうことにあります。
白癬菌が残ってる状態で、事情をやめてしまうと、水虫が何度でも再発してしまいます。
このように非常にしつこい水虫なので、根気よく水虫治療を行うことが大切です。
少なくても1年以上は、皮膚科へ通い、水虫治療を行うようにしましょう。
皮膚科で処方される水虫薬は、非常に効果が高いので、しっかりと治療することによって、必ず完治することが可能です。
また爪水虫などは、市販薬はあまり聞かないので、爪水虫に気づいたらすぐに皮膚科へ通うことをお勧めします。
まずは予防を意識しながら生活をし、実際に感染してしまった場合は、初期段階で治療を始めるようにしましょう。